Marques De Murrieta Reserva

マルケス・デ・ムリエタ

定価(税込)
¥3,780
販売価格(税込)
¥3,780
在庫状態 : 在庫有り

タイプ : 赤 ・ フルボディ

サイズ : 750ml

生産地 : スペイン リオハ

品種    : テンプラニーリョ 86%、ガルナッチャ 8%、マズエロ 4%、グラシアーノ 2%

コメント

熟したプラムやブラックチェリーなどの黒系果実の香りに、シナモンなどの甘やかなスパイス、バニラ、フェンネル、なめし革、燻製肉などのニュアンスが感じられます。果実味のフレッシュさと酸、まろやかなタンニンが感じられるバランスの良い造り。ほのかに新樽のニュアンスも感じることができます。

おすすめ料理 : 生ハム すき焼き

説明 :

伝統と近代が絶妙にマッチするリオハワインの重鎮”ムリエタ”専門誌から「リオハの最もお買い得なワイン」と評された高いコストパフォーマンスを誇る飲み頃赤ワイン。

スペイン有数のワイン産地、リオハ・アルタに位置するこの「マルケス・デ・ムリエタ」は、1852年設立。
スペインの伝統を守りつつ、ボルドーの近代技術を融合させた高品質なワインは、数々のコンクールで賞をとり、ソムリエ世界大会でも使用されるなど、世界各国で高く評価されています。

また、リオハという地方全体のワインを向上させることに尽力し、“リオハのモダン・ワイン造りの父”とも呼ばれた創始者、ルチアーノ・デ・ムリエタ氏はその功績が認められ、マルケス(侯爵)の称号を与えられました。

マルケス・デ・ムリエタのワインのクオリティとスタイルの鍵となっているのが、ワイナリーを囲むように位置し、ワイン造りの主要な畑となっている300ヘクタールのイガイ・エステートです。水はけがよく、ミネラルに富んでおり、非常に多くの数の大きな石の存在により、ブドウの実は、この地方では珍しい複雑味を持ったものに育ちます。

このマルケス・デ・ムリエタ・レゼルヴァは、「王の中の王」と呼ばれるイガイ・エステートの特徴とスタイルが集約された1本。伝統の土着品種のみをブレンドしているため、クラシカルなリオハ・スタイルの代表のようにも見えますが、ワインメイキングはウルトラ・モダンな哲学&技術によるもの。

ブドウは全て人の手によって摘み取られ、醸しの後、ステンレスタンクでスキンコンタクトをしながら発酵されます。発酵のあいだは沈んだ果皮などをタンク上部に循環させる作業(ルモンタージュ)と、2日おきに果帽沈め(ピジャージュ)を行います。このような手間をかけることにより、ブドウの香りと色が最大限に引き出されるのです。

熟したプラムやブラックチェリーなどの黒系果実の香りに、シナモンなどの甘やかなスパイス、バニラ、フェンネル、なめし革、燻製肉などのニュアンスが感じられます。果実味のフレッシュさと酸、まろやかなタンニンが感じられるバランスの良い造り。ほのかに新樽のニュアンスも感じることができます。

伝統的なリオハスタイルを、ムリエタならではの現代的な哲学や技術で表現した赤ワイン。評価の高い2008年ヴィンテージを、この機会にぜひお楽しみください!

飲み頃:〜2028年
評価:ワインアドヴォケイト誌(パーカーポイント)にて91点を獲得
ワインスペクテーター誌にて90点を獲得

数量