コルクの木と対面のポルトガル研修!

久しぶりのブログ投稿です!

2018年2月ポルトガルへ研修へ行きました。ポルトガルはスペインのお隣の国で、学生時代少しバスで先生に連れて行ってもらってから大好きな国の1つです♪

写真はコルクの木(*^_^*)
美味しいワインを沢山作っているポルトガルですが、あまり知られていないと思うのですが、コルク生産量世界一の国です!

コルク生産地はポルトガルであり、全世界の生産量の約52%を占める。そのほか、スペイン (29.5%)、イタリア (5.5%)、アルジェリア (5.5%)、モロッコ (3.7%)、チュニジア (2.5%)、フランス (1.1%)などで生産される。世界のコルク林面積は約228万ヘクタール。その内訳はポルトガル (32.4%)、スペイン (22.2%)、アルジェリア (18.2%)、モロッコ (15.2%)、フランス (4%)、チュニジア (4%)、イタリア (4%)である。 Wikipediaより

コルクは、ポルトガルやスペインの気候が最も適していると言われています。十分な雨量や湿気がありながら、温暖で夏は乾燥していて日照時間も長く、土壌も良いと理想的な条件のようです。所々あるコルクの木は壮大な自然のパワーを感じ、癒やされました(*^-^*)

この時に出会った、素敵なワイナリー🍷カサ サンタ エウラリア!

家族経営のワイナリーで何世代にもわたり、家族でワイ ンを改良しながらも伝統を守り続 け、

ワイン生産への情熱とヴィー ニョベルデの魅力を伝えてきまし た。多数の賞を受賞しています。

輸入初めてすぐからAITANAのお客様に大人気となったワインです!

カサ サンタ エウラリアのワインを飲んだとき、シンプルに美味しくて感動でびっくりしたのを

覚えています。今、ほとんど入荷待ちで、次回6~7月頃に入荷しますので、

ぜひ、楽しみにお待ち頂ければ嬉しいです!

写真は、フランシスコさんとお父様です♪パパウインクしてますか(^_-)♪

そして、ポルトガルの街の雰囲気と人の温かさは、どこか懐かしさを感じる居心地良さがあります。

また、素敵なポルトガル発見報告させていただきます!!! Mishima